2011年 01月 28日
ユリスナルダン
内職先の社長から見せられた時計、
a0015198_1156559.jpg
「これどこの時計か判る?スイスって書いてあるみたいだけど」

そういって手渡されたこのダイバーズウォッチ。
本体裏はスケルトンになっていた。
外さないと見えない部分に凝っている、まさに
勝負ネジ

ネットで調べてみたら・・・。


サーターアンダギーを摘んだギトギトの指で触るような代物じゃなかった。
定価3,727,500円!

by wonderfullifewith | 2011-01-28 11:59 | まぜまぜ | Comments(4)
Commented by おく at 2011-01-28 13:45 x
クロノグラフじゃなければもうちょっと安いんじゃないかなぁ・・・
Commented by wonderfullifewith at 2011-01-28 14:41
おくさん
http://www.lexson.co.jp/brand15_00.htm
のulys36なのかな?と思いました。

初耳のブランドだったんですが、当たり前のように「コピー物」ってのもあるんですね。
でもあの裏のスケルトンは素晴らしかったです。
Commented by tak@さ・っ・ぽ・ろ at 2011-01-28 17:27 x
その手で触れないなら海にはもぐれないですね(笑
Commented by wonderfullifewith at 2011-01-28 18:23
tak@さ・っ・ぽ・ろさん
確かにそうですよね。
海に潜る時に使う時計にこの値段って、一庶民には全く想像出来ないです。


<< 箱替え      ラスク >>