2011年 01月 28日
ラスク
内職に行ったら、そこの社長さんから
「これ、東京のお店で並ばないと買えないラスクなんですってよ」
とお裾分けされた。

内職に行くときは時間が無くて昼食を取れない事が多いのだが、それを知ってか知らずか現場でいつも甘い物を出してくれる。
有り難い。
取り敢えず血糖値を上げておける。
2時間喋ると結構疲れるから、血糖値のキープは非常に重要なのだ。

この時は「とらやの最中」も一緒に頂いた。
きっと高級品なんだろう。
たぶんここに行かなければ、とらや製品なんて一生口に出来ないかも知れない。
有り難い。

a0015198_1122292.jpg
写真左上がそのラスク、右下がとらやの最中、その下にあるのが沖縄ドーナツサーターアンダギー(自分で購入)だ。

最中の白あんは極めて上品で、上流社会の奥様方はこんなのを食べながら昼下がりの談笑を楽しんでいるんだろう。
などと勝手な想像をしつつ、ラスクを見る。

にしてもラスク、元はと言えば
「余って硬くなったパンに卵白と砂糖で味付けして二度焼きしたもの」なのに、なんだこの好待遇は。
驚異的な出世じゃないか。
ヘタすれば「鳥のエサ」にでもなるか、上手く行っても粉々にされてフライパン粉になるところが関の山だったはずなのに。

見ればアルミ包装で個別パックだ。
なんの資格もないニートが、朝起きたらいきなり部長待遇で大企業にスカウトされたようなものじゃないか。
納得がいかない。
残り物のくせして。
鳥のエサ予備軍だったのに。

それにこのラスク、卵白と砂糖で味付けしてなんてレベルの待遇ではない。
a0015198_11274968.jpg
言うに事欠いて、チョコレートコーティングまで施され、挙げ句の果てには金粉のようなものまで身にまとっている。
加えて立派な厚紙まで敷かれている。
ちょっと前までは鳥のエサ予備軍だったのに。
なんだこの好待遇は。
リフレッシュ休暇には国際線ビジネスクラスに乗って、南の島で14日間のバカンスって感じじゃないか。
嘆かわしい。

ラスクに似た様な食べ物に「パンの耳」がある。
こっちはどうだ、未だにパン屋のワゴンで「1袋10円」とかで売られてるぞ。
ヘタすれば「ご自由にどうぞ」って感じで置かれていて、天ぷら屋の店先の「天かす」と同レベルだ。
天ぷら屋の天かすだって、高級店になれば1袋200円はするぞ。

パンの耳を買う客は口々に「庭に来る鳥にでもあげましょ」とか聞こえる様に呟いて買っていくぞ。
最初から人間の口に入らないような状況に甘んじているぞ。
これだって立派なパンだし、油で揚げて粉砂糖を振りかければ立派な手作りおやつになるし、卵と牛乳と砂糖をかき混ぜた中にいれてフライパンに綺麗に並べてバターで焼けば、充分過ぎるほどのフレンチトーストに早変わりだ(我が家では家族はパンの耳を捨てるので、こっそり拾ってこの様にして食べたりしている自分、相撲界の新弟子以下かも知れない)。

そこまで変身出来るのに、1袋10円の境遇だぞ。
なんの文句も言わずに1袋10円だ。

もっとパンの耳の待遇を良くしろ!
と言うか、ラスク贅沢すぎ!

まぁ旨いから許すけどね。

by wonderfullifewith | 2011-01-28 11:42 | うちのこと | Comments(0)


<< ユリスナルダン      ALPINA >>