2010年 12月 31日
年を取ると言う事
2010年もあと少し。
職場に掛けた新しいカレンダーには、西暦で2011年の他に年号で平成23年、それとなぜか「昭和86年」の文字が。
いくら昭和の時代が長かったと言っても、そろそろ平成に慣れても良いんじゃね?とツッコミを入れたくなる。
大体が平成天皇に失礼だろ(笑)。
「こんにちは、平成天皇です」と自己紹介しても(そんな自己紹介の仕方をするかどうかは判らないが)、
世間からは
「あぁ、亡くなった昭和天皇の息子さんね」って言われてる様なものだ。

ま、そんな与太話は良いとして(大体がこのブログが与太話のオンパレードみたいなものだが)、年を取ると体の各機関に色々な変化が起きてくる。
幼少の頃から青年期に差し掛かるときにも色々な変化が起きてくる訳だが、それはどちらかというと「プラス」の変化であり、「前途洋々」な変化であり、「今はマズイ、落ち着け落ち着け」と制御が利かなくなった体に鎮静化を促す様な変化だ。

比べて青年期から壮年期へ移行する際の変化は、どちらかと言えば「マイナス」の変化であり、「前途多難」な変化であり、「ほら、どうした!」といざ鎌倉に対して己を叱咤激励する様な変化だ。

先日、玄関先に置いてある時計の電池が切れたために、娘をホームセンターに電池を買いに行った。
娘を連れて行ったことが、結果として正解だったことが後に証明された。
果たしてその電池は、水銀電池の中でも一二を争う様な小さいものであった。
時計からそれを取り出し、無くさない様にポケットに入れるも、そのポケットの中で所在が判らなくなる様なサイズだ。

ホームセンターには日本で使われてる主な水銀電池が所狭しと置いてあった。
その中から目的の物を選ぶのだが、この様な商品を選ぶ際には「型番」や「品番」と言われる物を基準に探すのがセオリーである。

さて、ポケットに入れて置いた電池を颯爽と取り出しその型番を見ようと思ったとき、事件は起きた。

「書いてある文字が全然読めないっ!」

時計から取り外すときには、どちらがプラスかだけは認識していた。
新しい電池を入れる向きを迷わないようにと言う配慮は出来ていた。
だが、その時も数字までは読み切れていなかった。
こんな小さな電池なんて一種類しかないだろうと高をくくっていたのだ。
だが、商品陳列棚には、似た様なサイズの電池が3種類ほど置かれてあった。

恥を忍んで娘に
「これ、なんて書いてある?」と電池を見せて訊いてみた。
「えーっとね、エスなんとか626エスなんとかって書いてあるよ」。
娘、まだ3年生。
アルファベットは殆ど判らないので数字だけをなんとか読んでくれた。
答えは「SR626SW」
a0015198_19412761.jpg
パソコンのキーボードの上に電池を置いて撮影してみた。
手元にあるキーボードの文字を確認して貰いたい。
そのサイズの電池の、その中に書かれている数字が読めるだろうか?

年を取ると言う事はこういう事なんだなぁとしみじみ感じた年の瀬も押し迫ったある日の午後であった。
ま、年を取った際の変化は目だけに限らないんだけどね(謎爆)。

by Wonderfullifewith | 2010-12-31 19:55 | うちのこと | Comments(12)
Commented by miu_north at 2010-12-31 20:34 x
iPodshuffle シリアル読めません、AppleTV2ndに至っては 完全同系色のため、全く読めません。
中近両用も1年でだめか orz
まぁ一日15時間はコンピュータ前ですから。。。
 
あ、自己紹介は名前だけで「明仁です」って幼少の頃は名乗られていたのでは?
今上天皇って・・・もう公務から解放してあげればよいのにねぇ。。。。
Commented by kels at 2010-12-31 22:03
こんにちは。
札幌日和下駄のkelsです。
そっかー、来年は昭和86年ですかー。
でも、平成もいつの間にか23年なんですね~。
昭和は遠くなりにけりですね。
ということで、今年1年大変お世話になりまして、ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします☆
Commented by あるぴ~ at 2010-12-31 23:37 x
今年は色々とありました。


いきなりの直電でびっくりしましたし。(笑)

でも、お近づきになれたかと思います。


来年は、直会したいです。

その時はよろしくです。m(_ _)m
Commented by BONBY at 2011-01-01 01:30 x
明けちゃいましたねぇ~。
本年も変わらぬお付き合いの程宜しくお願い致します。

しかし、全くもって因果な商売で たった今帰還です。
今日も遅番なので年末年始は仕事づくしとなりました。

今年も貧乏暇無しで頑張ります ^^
Commented by 庭師@ at 2011-01-01 01:55 x
私も裸眼で1.5mmの血管を8ー0の糸でスイスイ縫っていたのは
今は昔・・・ちゃんと拡大鏡(2.5X→3.5X)を使用しています。

その上に、ドライアイでコンタクトレンズでの角膜損傷も重な
り、今は朝風呂以外は眼鏡生活です。

小さなボタン電池の文字や1mm単位の前後感は両目の視力の
バランスの大切さを痛感しますね〜♪

でも、年の功より亀の甲?・・・老体でも行け行けの厄年の
術者が慌てふためいていても冷静に軌道修正できる指導的前
立ち(註:朝ではないが勿論、朝も大丈夫!?)としての自
分の存在価値もあるのです。

年末は国内の天気以上に工房は荒れました! でも、何とか
片を付けて? 大晦日に帰宅して早々に爆睡して新年を迎え
ました。

本年も老体に鞭打ち(ていうか、年男ですが!)旧車変態
チャウ 偏愛な日々を満喫したしませう。。

早速年明けに2台の旧車の車検です。整備はいいのですが
諸費用と春の自動車税でノックアウトマウスです。。(^^ゞ

まぁ〜一度だけの人生ですから・・・楽しく活きましょう!

今年もヨロシクです。<(_ _)>
 
Commented by Wonderfullifewith at 2011-01-01 07:31
みうさん
ほんと、見えなくなりましたよね。
眼鏡を外すと少し見えます(笑)

天皇陛下も定年制を設けたらいいですよね。
そろそろ隠居したいでしょうし。
死ぬまで現役続行って、やっぱり結構辛いと思うんです。
定年を迎えた後は、一般人同様悠々自適に暮らすのも一つだと思います。
のんびりプライベートで温泉とか行きたいと思うんですけど、どうなんでしょうね。
Commented by Wonderfullifewith at 2011-01-01 07:33
kelsさん
今更ながら貴ブログを見て札幌の再発見を楽しんでいます。
ありがとうございます。

今の新入社員の殆どは平成生まれなんですよね。
昭和ってもうかなり昔のことなのに、どうして世間は昭和を引きずるんでしょう。
やっぱりあの時代は人間が暮らすに良かった時代だったんでしょうか?
Commented by Wonderfullifewith at 2011-01-01 07:34
あるぴ〜さん
昨年は直電失礼致しましたm(__)m
お陰様で愛車もなんとか生き延びております。
今後ともよろしくお願いします。
次回は是非こちらにお越し下さい。
元祖残念な大人達一同お待ちしておりますm(__)m
残念対@Hentai(笑)のコラボレーションを楽しみにしております。
Commented by Wonderfullifewith at 2011-01-01 07:36
BONBYさん
あけちゃいましたね。
生き物相手と公共のお仕事の方は盆も正月もないですね。
特に貴殿のお仕事はどちらかというとその頃の方がお忙しい位で。
お互い人車ともにガタが来ておりますので、労りつつ活きましょう!
Commented by Wonderfullifewith at 2011-01-01 07:40
庭師@さん
小さな字は見えなくなりましたね。
幸い拡大鏡を使っての仕事って殆ど無いので助かっていますが、業界の方は顕微鏡などを駆使して日々戦っていらっしゃいます。
私には到底そのような芸当は出来ないので、末席を汚す様な低レベルな仕事に始終しております。
果たして本当に自分が世の中の役に立っているのか疑問なレベルの生き様であります。

確かに年を取りますとそれなりに場数を踏んできておりますのである程度のことには対処出来ますが、それでも不測の事態にはやはり慌てふためいている自分がいます。
まだまだ修行が足りないようです。
いつまで働けるか判りませんが、後継者が決まるまで(決まらない?)頑張りたいと思います。
Commented by Merck at 2011-01-02 19:30 x
私も年なのか、疲れなのか細かいものが見えないときがあります。
上戸彩似には負けたくは無いのですが、8歳の差は大きいようです。
上戸彩似はいろんな人に聞いてみるに、上戸彩と星野真理を足して、肌をザラザラにした感じだそうです。
同じ部門の人は、○○(苗字)のばあさんと呼ばれていました。
上戸彩と星野真理は可愛いですが、もう卒業ですかね?
Commented by wonderfullifewith at 2011-01-04 14:36
Merckさん
まだまだ若いですよ。
バリバリ頑張ってくださいよ。

憧れは何時までも持っていて構わないと思います。
ただ現実も見ないと色々問題起きますが(笑)


<< 手帳      マット洗い >>