2010年 04月 08日
早春の休日
晴天の休日。

まずは家族車のタイヤ交換と愛車のホイール洗浄。
うっ、せっかく修理したのに、塩カルでクリヤー層がやられてる。
「キレイに直しても、冬タイヤに装着したら直ぐ塩カルにやられますよ」と言われたが、本当だった。
にしてもたった1シーズンでダメになるのか?
予算の都合上、前後を2シーズンに分けて修理しようと思ったが、後輪はどうしようか考えてしまう。

挫けそうになった気持ちを持ち上げ、出掛けてみるか。
a0015198_21495135.jpg

向かった先は石狩湾新港。
a0015198_21452480.jpg
こんな座礁船が停泊?している。
事故防止のために近くに寄ることは出来なくなっているが、東埠頭からでも何とかこの位には写すことが出来た(24-105)。
他人の不幸を喜ぶ訳ではないが、せっかくこの様な大きな船を間近で見られるのだから、これを何とか商売に出来ないものだろうか?

よし、次はあの風車だ。
a0015198_21474569.jpg
なぜか大きなものに憧れてしまう。

どのくらい大きいかと言えば
a0015198_2155457.jpg
広角レンズを持って来なかったことが悔やまれる。かなり離れてみたが全貌が写らない(^_^;)。
詳細はこちら
a0015198_2158213.jpg
つづく・・・。

by Wonderfullifewith | 2010-04-08 22:01 | まぜまぜ | Comments(11)
Commented by BONBY at 2010-04-08 23:27 x
ファンドン号の救出は長期戦に成りそうですね。
大きな波が来ないと引っ張れないそうです。
番屋の湯の方から45分程歩くと規制されず直ぐ近くで見れるみたいです。
私は遠慮しますけど・・・・

風力発電の真下まで行けるんですね。
今度 暇な時行ってみましょう。
私のレンズだと絶対ムリなので ズームでぼかして全体を入れるかな。
Commented by BONBY at 2010-04-08 23:31 x
訂正: 誤 ファンドン号 ⇒ 正 ドンフォン号 でした。 m(__)m
Commented by タケ(^^V at 2010-04-08 23:51 x
あれ!?

ナンバープレートに、雪が着いてますが!・・(笑)

しかし、1シーズンでクリヤー層がやられるなんて!。。

良かったよ~~

雪に縁の無い地域で!(^^V
Commented by あ〜さ〜 at 2010-04-09 06:56 x
風車の名前が「健太郎くん」なのかと思いました。
随分和風だな〜、デンマーク出身なのに・・・みたいな。

あまり潮風に当たると錆びますですよ。
Commented by Wonderfullifewith at 2010-04-09 07:46
BONBYさん
まだまだ動けそうもないので、250mm位のレンズを持って行けば、もっともっと大きく移せますね。
勿論500とかの大砲クラスを持って行けば、船体のサビも写せるでしょう(笑)。
風力発電は、真下まで行けます。
是非その大きさと羽根が回転するときの風切り音を体感してみて下さい。
Commented by Wonderfullifewith at 2010-04-09 07:48
タケ(^^vさん
実は2本のうち1本の剥がれが酷いんです。
ピアスボルトの周囲がほぼ全滅です。
片側はまだ良いんですが・・・。
塩、怖いです。
有識者に言わせると「錆びない融雪剤があるけど、高価で使えない」らしいです。
Commented by Wonderfullifewith at 2010-04-09 07:49
あ〜さ〜さん
>あまり潮風に当たると錆びますですよ。
この日はずっと海沿いにいました。
朽ち果てる?(爆)
Commented by tak@さ・っ・ぽ・ろ at 2010-04-09 10:08 x
やはり漢は大きいほどいいんでしょうか?(笑
Commented by たくみちゃん at 2010-04-09 11:15 x
下まで行けるんですね!
今度家族で行ってみます。
道は簡単ですか?
Commented by wonderfullifewith at 2010-04-09 11:16
tak@さ・っ・ぽ・ろさん
そうです、大きい方が良いんです。
小さいのはダメです。
だから私のはダメですorz。
Commented by wonderfullifewith at 2010-04-09 11:18
たくみちゃんさん
風車は下まで行けますよ。
埠頭に向かって走っていけば直ぐに判ります。
回ってる時の音はかなり迫力がありますので、是非!
まだ座礁船も暫くいると思います(笑)。
他人様の不幸を喜ぶわけではないですが、一見の価値はあると思います。


<< 早春の休日2      結局は >>