「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 21日
ガレージのメンテナンス
現在自宅前に愛車を保管することが出来ない狭小住宅に住んでいるので、致し方なく少し離れた場所に車庫を借りているのだが、そこも車庫としては通常サイズなのだが車が大きいために何かと気を遣う。

運転席側に空間を設けるためには助手席側を壁ギリギリに寄せて車を入れなければならない。
その為に人感センサーライトと連動した後方確認装置を取り付けているのだが、最近になりその機能が低下してきたことに気づく。
これは万難を排して対策を講じなければならない案件である。

a0015198_09481464.jpg
助手席後方の壁にくくりつけられている作業灯。
車庫の前方に2灯式センサーライトを取り付け、その内の一つのソケットのライトを取り外しその部分にコンセント挿入具をねじ込んで後方のライトの電源供給とする。
車が車庫に入った時点でセンサーが感知して前方並びに後方のライトが点灯する仕組みだ。

後方のライトを目印にクルマを後退させて格納するのだが、この蛍光灯がそろそろ寿命を迎えてきてしまったようで本来の照度の半分位しか光っていない。
このライトも何時何所でどの様な形で購入したのかサッパリ覚えていないので取り敢えずは最寄りのホームセンターに行って適当に似たような物をあさる。
果たしてそれが同じ物なのか、同じメーカーの物なのかも判らないが、まぁ大同小異だろうって事で購入し、サクッと交換。

a0015198_09481470.jpg
新品は当然の如く見事に光ってくれる。
これを車内から見るとこんな感じに見えて、ドアミラー越しに蛍光灯の光が見えるって事は車と壁の間に隙間があると判断出来、後はミラーを壁に擦らないギリギリまで寄せて駐めれば運転席側にそれなりの空間が確保出来るのである。

a0015198_09481365.jpg
この様に蛍光灯が見えるギリギリに車を寄せて、且つミラーと壁もギリギリに寄せる。
カメラの関係上もの凄くハレーションを起こしているように見えるが、実際には綺麗な蛍光灯の光として確認出来る。

冬場のように雪の眩しさで縮瞳した状態で暗い車庫に入ると視界が全く確保出来ないのだが(それで家族車の左後方をガレージ壁に接触させてしまった)、この様に蛍光灯の明かりが見えれば壁の識別がとても楽なので狭小ガレージにクルマを無理矢理突っ込んでるオーナー様にはオススメだが、斜めに駐めても何の問題もないようなガレージライフを送ってる方から見たらちゃんちゃらおかしいと思うのでその辺はスルーでお願いします

当たり前の話だが、運転席側の壁にはスポンジを貼り付け、ドアにも透明なガードテープを貼付することでセルフドアパンチを防止するのは言うまでも無い。
未然に防げる事故は防ぐのである。
狭小ガレージに車を入れてる人間は何かと創意工夫が必要なのである。


1300円ほどのメンテナンスで満足度マックスと思ってルンルンしながら別の日にホームセンターに行ったら600円程で内部の蛍光灯だけ売っているのを発見して差し引き700円分だけ凹む。
悔しいので新規に蛍光灯だけ購入して今までの物と交換して結果作業灯が2本。
果たして自分は得をしたのか損をしたのか判らない状況になって判断能力が鈍ってるところに持って来て,勢い余って自宅ガレージ左後方にも人感センサーライトを取り付けて二度と車をぶつけないように対策を講じたって辺りでプラマイゼロからのプラスに転じたような気分になっている自分ってやっぱり幸せ者だと心底思うに3000点


人間は全てに於いて恵まれちゃうと進歩がなくなるのです。
なので多少の不自由さってのは必要なのですって事に同意頂ける方は、下のバナーをポチッとして頂きどうやらALPINAがB5の開発をしているって事が公になってることが今の自分にどんな影響を与えるか興味を持って頂ければ幸いです。
ですが現実的には税理士さんとのお話し合いで「手も足も出ません」的な状況なのは昨日の夕方に判明しました。

暗いと不満を言うよりも、進んで灯りを点けましょうってことで、ライトオンクリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-02-21 11:32 | くるまのこと | Comments(6)
2017年 02月 16日
小賢しいことをしないでさ
今回の場合は何となく「姑息なこと」って書いた方がしっくりくるような響きだが、本来「姑息」ってのは一時しのぎって意味だからやっぱりズルいって事の類義語の小賢しい(こざかしい)が適当かなぁなんて思いながら外気温がこの時期には珍しくプラスになるものだからクルマは雪解け水が目一杯被っちゃってとんでもない位に汚れてるのに今洗ったってどうしようもないでしょって事でそのまま車庫に放置民状態だけど、週末にはまた最高気温がマイナスっていつもの季節に逆戻りだからやっぱりムリしてでも洗車機にぶち込んでおいた方が良かったかしら?とちょっとだけ思う休日。

で、やっぱり気になるのが日本仕様の523とか528とか中途半端な数字のグレード設定。
やっぱグレードが520だと貧乏くさいっすか?
高級車なのに2Lなんて表記はJAPANとしてプライドが許しませんか?

523とか528とかそんな中途半端なの本国にないべやと思ってドイツBMWのカタログを覗いてみたら、やっぱりそんなのは無くてきっちり520とか530とか540とかの切れの良い数字になってたりするから(エンジンは2Lと3Lだけど)、やっぱりその辺は日本も見習った方が良いんじゃないだろうかと思うわけで、でもフランスなどは数の数え方がちょっと違うって話も聞いたことがあるからフランス仕様はどうなってるんだろうと気になるけどこれ以上外国語を見ると(読むとではない)熱が出てきそうなので考えないことにする。

てことで本国のカタログからの抜粋
a0015198_19560202.jpg
全部見てみたい人はwww.bmw.deで検索してね

本国ではこちらの523に相当するものはない。
528に相当するのが530となるようだ。
基本的に523も528も同じエンジンで、ターボ車ならではの出力プログラムによって違いを出しているという話を聞いたことがあるが、なんでそんな事をするかねぇ。
カタログを見比べるにもしかしたら本国の520EfficientDynamicsってのがこちらの523になるのかね?。
でもこう言うのをなんだか小賢しいって言うような気がする。


本国カタログを見たら530のディーゼル四駆だってしっかりラインナップされてるじゃねーか。
この様に区別されていれば、そして各グレードにガソリンとディーゼルがあればユーザーはそれぞれの使用目的に応じて車を選択することが出来ると思う。

車の性格が違うからかも知れないが、X1の四駆ディーゼルなんて売営業しなくても売れる勢いらしいのに(メーカー指定の価格設定もおかしいらしいが)。

のちのちM5なんて超弩級の車は導入してくるんだろうが、直6エンジンってのはメーカーとしても「過去の遺産」という位置づけなのだろうかね。

そんな文句言うんなら並行輸入してくれる業者に頼んで引っ張って貰えば良いじゃないかと思われる貴兄もいるかもしれないが、北の大地ではそのような業者さんもいないし、やってくれそうな名古屋の店まで車1台のために出掛けるってのも嫌いじゃないけどやっぱり今の自分にはちょっと現実的ではないし。
日本の法規制に即したものであれば良いけど、その辺も要改造なんて事になるとちょっと割高になったりして庶民にはまた手が出しにくくなったり、またそんな事をしたものなら地元のディーラーで「うちでは並行車は見ません」とか言われて八方ふさがりになったりしそうだから怖い。

ま、そんなわけでG30が気にならないと言えばウソになるけど今のF10が好きだし暫くは様子見って事でしょうな。


最近は更新もままならないんですけど、もしお暇だったら下のバナーをポチッとしてみて下さい。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-02-16 20:53 | くるまのこと | Comments(10)
2017年 02月 12日
530dXdriveが出たら
営業さんから「フェアーやってますから是非来て下さい!」と直電を頂き、どうにかこうにか時間を都合してディーラーまで向かって現車確認。
現車確認と言ったところでそれ以上の何が起きるものでも無いのが今の自分の置かれている立場だが、それでも「見るだけタダ」なので物見遊山として出掛けるのである。

今のF10を買う時には「ガレージに入ったら買う」って条件を出したら、営業さんは「車庫を壊してでも入れます!」的な勢いで車を持ち込み、それこそ前後左右スレスレの状況になりながら「入りました!」って感じで契約決定となったのだが、今度のG30はF10よりも全長が35mmも長くなっちゃって、それこそ冗談抜きに理論知的には格納可能ですが的な状況で、ちょっとでも斜めに入庫したらシャッターの餌食になるようなサイズ感、スリルありすぎ。

な訳だからこの車がわが家にやってくるかはほとんど未知数な訳だし、と言うかラインナップを見ると正直自分の中では食指が動かないってのが正直な所だったりする。

エンジン型式が変わったから4気筒のいかにも直噴でございます的なカンカン音はあまり聞こえないらしいけど(オーナーさんごめんなさい)、古い人間にとってはBMWは6気筒でしょ!ってのがあってやっぱりなぁと。
だからといって6気筒の540iはねぇ(謎笑)。

なので今のところは諸般の事情でG30は取り敢えずパスって感じのつもりでお店に入っていったおっさん一人。

展示車は530iの黒。
シート色は好みの白っぽい感じ。
a0015198_17275001.jpg
ただインパネ周りはちょっと好みから外れている感じ。
これはインディビデュアルで変更可能なのかも知れないけど、現時点ではパス。
そしてタコメーターの水平指針がどうにも違和感。
オープニングではスピードメーターとタコメーターは大体8時の方向だが、イグニッションオンでいきなり9時の方向に。
スカイラインか!と突っ込んでしまうおっさん一人。

あとはメーター針が液晶になってるのもプレステのグランツーリスモみたいでなんだかなぁと。
やっぱ針は針でそこにあっていただきたい。
ステアリング径はMスポって事もあってかやや小ぶりな感じがしたが、実測していないのでこの辺は良く判らない。

警告音はFよりもやや高めの音程になっていて、この辺は慣れの問題か?

モニターのジェスチャーコントロールは試すことが出来なかったが、そんなにしょっちゅう使うようなこともなさそうなので個人的にはどうでも良いかなぁ。

a0015198_17274914.jpg
ついにBMWもキャリパーが立派になったじゃないか。
メルセデスベンツはいち早くこのタイプになっていたが、5シリーズは相変わらずの素っ気ないものだったのが、ここに来てほぼ標準装備的にこの様な見栄えの良いキャリパーが付いてくるのはちょっと有り難い。

19inchでキャリパーがホイールとギリギリだから、これより小さいホイールは装着不可かも知れない。

a0015198_17274868.jpg
テールランプは個人的にはシェイプの強いFの方が好き。
マフラー処理も最近のLみたいな感じで「4本だしだぜ!」的なノリは見受けられないところを見ると、メインターゲットはやっぱり仕事の出来るエグゼプティブビジネスパーソンなのだろう。

そして悲しかったのがFではフロントだけだった道路交通法縛りのフェンダーアーチの出っ張りが、Gではリヤフェンダーにも付いていること。
ほんのちょっとなんだが切ない。
この辺の処理くらいホイールのオフセットでどうにかならなかったものかねぇ。

トランクは奥行きが結構あるが、ゴルフバッグは4つ入らないらしい。
自分はゴルフをやらないがきっとこの辺も困る人はいると思うので営業さんに訊いてみたら「ドイツ人は4人で1台の車に乗ってゴルフ場に行く習慣がないんだそうです」とのこと。

逆に「なんで乗り合いでゴルフ行くわけ〜?全然意味わかんないんですけど〜」的な感覚らしい。

a0015198_17274956.jpg
ヘッドライトはアダプティブLEDとかで、7の様なレーザービームではない感じだが、LEDの明るさってどんなものなんだろうね。
LEDだから色々と配光を換えられて対向車に眩しくないような感じに自動的に出来るような機能がありそうだけど、どうなんでしょ?
それにLCIから丸いイカリング的なデザインじゃなくなってるし。

a0015198_17274926.jpg
ボンネットの切り替えがグリルまで伸びてきているからFよりもボンネットが長く感じられる。
洗車後の拭き取りが大変だと思ったらやっぱり大変らしい。
窓ガラスの真ん中辺りは拭き取り難いとか。
ボンネットの先端のエンブレム下の処理、あれはどうなんだ?と言う気がしないでも無いが、それが何を意味しているかは実際に現車を見て頂ければその意味が判ると思う。
「空力を意識している割にここの処理はどうなんでしょうね」と営業さんも言っていた。


取り敢えずは「直6の530dの四駆が出たら即買いしますわ(笑)」と言って店を後にするおっさん。
営業さんも「難しいところを突っ込んできますねぇ(笑)」と。笑うしかなかったようだ。
果たして3年後にGシリーズになってるかはジャパンのみぞ知るってところか。


そんなわけですからもう暫くは今の愛車とともにクルマ生活をしたいと思います。
え?アルピナ?
アルピナはぁ・・・、マジックって位ですからやっぱ夢ですかね(^_^;)

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-02-12 20:50 | くるまのこと | Comments(10)
2017年 02月 03日
悪いのは頭だ!
朝起きると顔が浮腫んでいた事件、流石にヤバかろうって事でつてのある内科クリニックを受診してみる。

色々と事細かく問診されたが、最初は特に気にしてもいなかったことが幾つか引っかかったが、そこは「いいえ」と答えて取り敢えず血液検査を受けることに。

患者は嘘をつく(笑)。

診察室をぐるりと見渡せば、うちの方が遙かに上位機種だなって感じの機械が置いてあったり、血圧測るのに診療台に寝る時に履いていたスリッパを思いっきり遠くに飛ばしてしまって赤っ恥かいたり、たまには自分が患者になるのも良いもんだと思うこと自体が健康な証拠だろう。
血圧も異常なし!

水色の比較的細い針を肘の血管にプチュッと刺されて血を抜くこと数本。
自分の血管、新人さんでも抜けるくらいに太くて立派なのが自慢。
なので他の病院に行くとさりげなく若いナースがあてがわれる(練習かよ)。

「明日には結果がわかりますから」と言われて会計を済ませて頂いた明細を見る。

採血の技術料ってほとんどタダみたいなものなのに、結果の判断料ってのは結構な額なのねとか、水漏れが8000円もするのに初診料って2820円って、人間は水道管以下かよとか思ったり、ものの値段って色々なんだなぁと比較対象が全く違うところで感心したり。

そして戻ってきた結果がこれだ!
検査結果を職場の壁に画鋲で貼り付ける行為もどうかと思うが、まぁそんなものだ。
a0015198_16153766.jpg
血算が引っかかってて、その引っかかり方が「貧血」。

虚弱な女子か!

さすが以前の掛かりつけ内科の先生(引退済)から「栄養失調だね」と言われただけある。
ちなみにここの先生からは胃の内視鏡検査を受けた時にも「胃がんだね」と言われた経緯があるが残念ながらほぼ無処置で5年生存しちゃってる自分。
やっぱり体だけは健康なのかも知れない。

血小板が正常範囲だから骨髄が完全にやられてるって感じではないんだろうと思うが、果たしてこの貧血はどこから来ているの?、教えてエラい人って感じ。

血液化学検査でも、食後2時間にも関わらず血糖値が97mg/dl。
HbA1cも正常。
糖尿の心配なし!


病院から戻って色々と心当たりを探るが、その中で一つ思い当たる点が見つかったのでそれを変更してみたところ翌日から眼の浮腫はそれなりにスッキリしてきたのでやはり遺伝には勝てないって事を思い知らされこの先の身の振り方を考えるにどうしようもないって結論となりQBカットに飛び込むおっさん一人。

「鮨職人みたいな髪型にしてください」と一言伝えてひと思いにやってもらう。
出来上がった形を見たら後頭部は「ずっと寝たきりの生まれたての赤ん坊」そのもので判っていたとは言え動揺を隠しきれない。
この日の最高気温氷点下6度なのに背中に変な汗が流れて止まらなくなった。


たぶん生まれて初めて食べたふぐのお刺身。
ポン酢と紅葉おろしとネギを混ぜたものに付けて頂くが、今まで食べた白身のお魚とは全然違う食感に「長生きして良かった」と本当に思った。
a0015198_16153685.jpg
関西人はふぐをよく食べると聞くが、こっちの人はあまり食べないと自分のエンゲル係数を尺度にして喋ったらダメですか。
勿論これは会議の中の料理なのでお値段がどの位するのかは判らない、って事は自分でお支払いをしていないと言うことの素晴らしさは何物にも代えがたい。
会議が行われる1週間前くらいにぼそっと「ふぐ刺し食べたことがないんです」と言ってたのを覚えてくれていた事務局の人、次は「キャバクラに行ったことが無い」と言ったら連れて行って貰えるのだろうかと言う発想そのものが貧困すぎて哀れさすら感じる。


おいおい、個人情報丸出しじゃねーかよと思われた貴兄。
数字の羅列で私は健康って事くらいで、後はアディーレに言えば国から50万貰えるような体だって事くらいです。
なのでこれからは今以上に優しくしてください。
自分も「他人に優しく、自分にもっと優しく」をモットーに生きていきます。
やっぱ頭悪いわ。

てことでテッサクリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-02-03 18:32 | うちのこと | Comments(16)
2017年 01月 31日
焼肉で盛り上がる
ここ数日体の変調が著しく、朝起きるとこめかみ辺りに強烈な痛み(頭痛)に襲われたり、目の周囲が浮腫んで二重まぶたが見事な一重まぶたになったり髪の毛が抜けたり、って髪の毛は前からか。

加えて数日前からは頚の後ろが赤くなったりして、内職現場で「日焼けでもしました?」と聞かれて、一体今の季節に何所で頚の後ろを日焼けするんだと思いながらも、ところで一体何が体で起きてるんだって感じでと色々ググってみても良く判らず。

ネットで調べた情報を頼りにする位時に危ないことはないので、久しぶりに専門家の門を叩いてみるがやはり一筋縄ではいかない状況のようで取り敢えず血を抜かれて「明日結果が出ます」なんて呑気なことを言われて仕事に戻る←イマココ。

体の辛さの単位としては「家族の飲みかけのワインを盗み飲み出来ない」位の辛さと言って一体ど位の人が頷いてくれるかは判らないが体が酒を受け付けられない。


それでもその前には仲間内でまた集まって色々と作戦会議を開きましょうって事で、今回は焼肉。
集まる場所はいつもの超秘密基地なのは言わずもがなで、こうなってしまうと外呑みが出来なくなってしまう恐れもある位に居心地が良い場所に昇格してしまってるのはこの先我々の生活にどの様な問題が待ち受けてるのかは神のみぞ知る。

今回の参加者は自分の他に「ウ○コ座り四天王」から地区男さんを抜いた計4名。

肉はT氏による冷凍じゃないタン元の厚切りやホルモン、サガリ、Z氏持ち込みの長沼ジンギスカン。
野菜は茄子、タマネギ、シシトウ、ピーマン、椎茸、それにもやし。
おっとフライングで札幌クラシックの500ml缶が見え隠れしている。
a0015198_15263631.jpg
今回肉を焼く機材に選ばれたのは象印ホットプレート。
「もう少し大きかった方が良かったですかね」と言ってみたが「これで充分でしょ」と言われて一安心。


今回T氏がチョイスした焼肉のタレは、こちらではあまりポピュラーなものでは無いがもしかしたら関西方面ではそれなりに有名なのかも知れないこちら。
a0015198_15263625.jpg
「わが家は焼き肉屋さん」は全国区だろうがその右側に鎮座する「金龍」ってのはお初にお目に掛かりますって感じ。
結構濃い感じのとろっとしたタレで味も初めてのものだった。

そして今回特別ゲストがこちら
a0015198_15263503.jpg
こんなのそうそう食べたことないわって思ったが、T氏のご家庭では年に数回義務的に冷蔵庫に格納されると噂される代物。
義務でも何でも良いからこんな和牛と名の付くお肉を頂いてみたいものだと思っている庶民。
肉ってよく噛まなくちゃならないものですよねで納得してくれる人がどの位いるか判らないが、少なくとも個人的には「圧力鍋で煮ると柔らかくなるよ」ってのが肉の定義だったりする。
え?それってすじ肉って言うの?。


発泡酒じゃないビールが乱立、家呑みならではの光景。
ビールの後ろにチラリと見えるのが角サン、炭酸、そしてちょっと若めのおっさん(と韻を踏んでみる)。
a0015198_15263532.jpg
「今回はウィスキーを用意したんで、ハイボールも作れますよ」とT氏ノリノリ。
でも氏が作ってるのはウィスキーの炭酸割りではなく、炭酸のウィスキー割りみたいな主役と脇役が逆転したヤツ。
一気に酔いが回りまくってヘロヘロ。
久しぶりに「何言ってるか判らなくなりました」って言葉を聞いた(笑)。
やはり摂取するアルコール濃度は適度にしておいた方が良さそうだと酒を飲み始めたばかりの二十歳前後の兄ちゃんが思うようなこと人生の後半戦にドップリ嵌まってるようなおっさんが考えてるって時点で全く成長していないことがこれで明らかになってしまった。
a0015198_15263541.jpg
シシトウなのに1本だけ青唐辛子並の辛さを誇る奴がいて、それにあたった自分は口を「お」の形にしてホーホー言って悶えてしまう。
「当たり」を引いたようだがこんな所で運は使いたくない。

厚切り牛タンも美味しいし、勿論ジンギスカンは我々にとって離乳食とも言える様なソウルフードだから旨いに決まってるけど、その頃には宴もたけなわになっていて写真を撮れるような精神状態ではないのはやはり炭酸のウィスキー割りのなせる技意外には考えられない。

ヘロヘロになりながらも何とか洗い物を済ませるが、訳の判らない状況で台所に立つとズボンが水でベチャベチャに濡れてどこからどう見ても漏らしちゃったじいちゃんみたいな状況になりながら、それぞれの酔っ払いは素面の方達のクルマでそれぞれの家に送り届けられるのであった。


頭痛と浮腫み、もしかして妙な薬の副作用じゃねーのか?と思われた貴兄、もしかしたらそうかも知れませんし違うかも知れませんので近日その診断的治療を行ってみたいと思います。
もしそれでそれがビンゴだったら私の残された道は閉ざされてしまい、結果として頭に皿を乗せるようなことになった暁には伊万里焼のお皿でもプレゼントしてくれれば嬉しく思いますm(__)m

てことで、黄桜クリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

この記事はフィクションがかなり盛り込まれている可能性があります


# by Wonderfullifewith | 2017-01-31 18:19 | くるまのこと | Comments(11)
2017年 01月 18日
改めて北の大地の実力を再確認する
基本的にエンゲル係数は高くないので、鮨を食べると言えば回ってるものかスーパーで売られているパッカンに入ってるものがほとんど。
回らないお店で大将と対面に座って「取り敢えず穴子炙って」なんて台詞を言う様な店には冗談抜きにご無沙汰だったりする。
てゆーか、最後にそんな店に行ったのはもしかしたら20年位前かも知れないと思うほど本当にご無沙汰。

あまりにご無沙汰だったらクモの巣が張って東京砂漠みたいになっちゃうなんて話もあるが、まさにそんなレベルのご無沙汰なのだがその理由を考えるに、さすがにスーパーのパッカンものの鮨は別物としても回るお店の鮨のレベルが個人的に要求するレベルに充分達しているからに他ならないからかなぁと思うのは北の大地で極々普通に暮らしている庶民の皆様なら異論は無いところではないかと常に自分の懐を基本に考えてしまう悪い癖。

拙宅から車で5分も走れば回る鮨屋が数軒あるような感じで、勿論回らない鮨屋もあることはあるのだが悲しいかな暖簾をくぐった記憶が無い。

そんなある意味恵まれた環境に育っている自分たち、お仲間が来て接待で鮨を食いに行くと言えば回ってる店だったりする。


今回もそんな感じで話は始まるのだが、E39にお乗りの北陸の御大が仕事の関係で北の大地にお越しになるって事で色々と接待したのだが、その時期が「天候を意のままに出来る」てか「その方が動けば天気が荒れる」と噂される例のBASE管理人様が北の大地を離れる時と真っ向からぶつかってしまったために、当然の如く全国的に災害と言っても良い位に大荒れの天気となり、この地でも朝の最低気温がマイナス10度まで下がるという最近では経験したことがない大寒波が押し寄せることとなってしまった。

お陰で出張最終日に北陸の御大も北の御大による送迎で空港まで向かったは良いが、1日1便しかない直行便が見事に「欠航」となり無事延泊決定。
そこにきて自分はその日の夜に業界の新年会があり着慣れぬスーツ姿でホテルにいたのだが、北陸の御大からいきなり「ヒマ?」と、今まで頑なに拒んでインストールしていなかったのに年末にひょんな事から始めてしまったラインに着信。

てっきり機内の人かと思っていたのに、飛行機欠航のためどうやら北の御大とウダウダしているらしい。
a0015198_09290717.jpg
ホテル前にツンベ横付け、ウンコ座りしてタバコ吸って待ってるって、どんだけの人なんだか(笑)。

こちらの用事が終わるのを待って頂き、ホテルまで一緒に夕食と言う流れになった。
あちこち考えられる店を当たってみたが結局最終的に「鮨だな」ってことに落ち着き、トリトンに落ち着く。
そう、鮨だなと言っても当たり前のように向かうのは回る店なのである。

夜の9時近くだというのに店は満員。
相変わらず人気店は凄いわ。

自分はホテルで適当に食べて飲んできてるのでと言いつつ、翌日深い後悔に苛まれるのも忘れて運ばれてきた鮨を適当につまんでしまう。
内地はどうなのか判らないが、自分たちが行く回る鮨屋は回ると良いながらネタはあまりと言うかほとんど回ってなくて、食べたいネタを紙に書いて板さんに直接手渡しするという、パチンコの景品交換所の一手間みたいな何処か法の目をかいくぐってるようなシステムだったりする。

a0015198_18222235.jpg
中トロ?赤身?、良く判らないけどとろりとした食感にびっくり。
回る店って基本1枚の皿に2貫ずつ乗せられてくるが、この様な4貫一気乗せその代わり皿も2枚重ね方式システムもあったりして、一応さりげなくホールのおねいちゃんに「オジサン達親切だから下の皿は(洗うの大変だろうから)要らないよ(笑)」と店のシステムの何たるかを一切無視したようなことを言ってみるが、さすがにその意見は通らなかった。

a0015198_18220904.jpg
あぁこっちが赤身だわ。
その向こうがイカ?、箸に隠れてるのが生のホッキ貝、その向こうの軍艦巻きがイクラ、奥の緑色の皿は何だったかなぁ。
とにかく自分は適当に腹も一杯だし血中アルコール濃度も上昇しているから詳細が良く判らない。
でもいくつかつまんだそれはどれも美味。

自分はと言えば、席に座るなりいきなり壁のおすすめを見て「カタラーナ」というどうしようも無いヤツ。
a0015198_18222201.jpg
「いきなりデザートかい!」と突っ込まれるが、自宅で回る店に行ってもほとんど鮨を食べない自分にとっては、しょっぱなデザートから始まっても何ら不思議ではない。
奇数人数で鮨を食べに行くと、どうしても一人2貫食べなければならないことがあり、小食且つ色々な種類を食べたい人間にとってはそれは解せない要求なので、自ら鮨をオーダーすることなくサイドメニューのそばとか天ぷらとかデザートかでお腹を膨らませてしまう。
じゃぁ鮨屋に行かなければ良いだろうと言うご意見もあろうが、外食に於いて自分の意見が通るわけもなくひたすらアッシーに徹する関係上食べる食べないに関わらず行かざるを得ないのが現状だったりするのはたぶん何所の家でも同じ、でもないかきっと。

a0015198_18220910.jpg
何じゃこの真っ黒い軍艦巻きはと思ったが、どうやらこれはタラバの外子らしい。
感じとしてはトビッコの様なイメージだが色味がかなりドラスティック。
こんなの初めて見たってのが正直な感想だったりする。
奥の青い皿はタコだな。


ここら辺でここの店の真打ちを紹介してみる。
北の大地に回る鮨屋は数多あれど、自分もこれを見たのは正直初めてだ。
てか反則レベルだな。
こんなの銀座で出されたら、それだけでお幾らの請求が来るか判らないって感じのどどーんとした一点盛り。
a0015198_18220842.jpg
丸いお皿に収まることが出来ず、ほっけの開きでも乗りそうな特別なお皿に乗ってやってきたエビの握り。
えびの頭の影に隠れて見えないが、その奥にはミソの軍艦巻きも付いている。
こんなのが回る鮨屋で出て来ちゃうんだから、回らない店も大変だわと本気で思ったりする。

a0015198_18220815.jpg
手前はハマチ?、ブリ?、、その奥は〆めてない鯖。
ねっとりとした食感がなんとも言えず美味。
鯖は基本的に好きなネタだが、ほとんどが軽く〆めているものなのでこの様な生の鯖を頂くのは初めてかも知れない。
足が速い魚をこうして生で供することが出来るのも北ならではかと。
東京でも頂けるとは思うが、今は何かと揺れ動いている水産市場業界だからこの先どうなることやらとちょっと心配になりながらも美味しく頂いてしまう。

心もお腹も充分に満たされて店を後にする。
北陸の御大におかれましては、出張の間毎日色々な所で鮨三昧となったようで、今度我々が北陸に行ったときには是非とも越前ガニの「極み」のタグを見ながら足の折れた安いヤツを食べたいなぁと思う次第であった。
だって味は一緒でしょ?(笑)。

翌日には無事飛行機も飛んだようで、御大も通常業務に戻られたと聞くが、次回は工具と交換部品一式を用意してるオーナー達が手ぐすね引いて待っているので朝から晩まで頑張って頂きたいと思いますm(__)m


回る鮨ねぇ、なかなか良いんじゃない?と思われた貴兄、確かに回らない鮨屋も良いのだと思いますが、難しいことを考えずにパクパク食べられるのはやっぱりこちらのタイプでは無いかと思ってしまいます。
なので北の大地にお越しいただいた際は、騙されたと思って回る鮨屋にも足を運んでみて下さい。
競争が激しいので何所の店でもハズレは少ないと思います。
やっぱハズレが少ないってのは大事なことで、時に地雷を踏むラフィラ裏は危険な場所なのでございます(爆)。
てことでクルクルクリック!m(__)m

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

当方、こちらの店の回し者でも何でもありませんので当然の如く店側からの利益供与もありません。
あればもっと宣伝してますから(笑)。


# by Wonderfullifewith | 2017-01-18 09:34 | まぜまぜ | Comments(14)
2017年 01月 16日
ナビデータをアップデートする2017
久しぶりの車ネタ、てゆーか半分はWinネタか。

その昔、家電量販店のチラシを見ながら富士通FMVの写真を見ながら初めてのパソコンをどれにしようか考えていた頃、先輩から「ヨドバシでマックのノートが安く売ってるよ」との助言を頂き、5300シリーズを20万位で買ってからずっとマックユーザー。
右も左も判らない状況でマックのノートを弄り、先輩に「これはWin95ですか?」と聞いてる位のノン知識。
自分の中では麻酔ガスを吸い込んで気絶しそうになったのと同じ位にファンキーな出来事、知らないって怖いもの無しなのね。

仕事も基本的にはマックでこなしているが、それでもどうしてもWinマシンじゃなければ動かないソフトとかWinマシンにしか出来ない作業とかのために仕方なく何台かのWinパソコンを購入しているが、やっぱり全く使い勝手が判らない。
たぶんマックとほとんど一緒なんだと思うけどね。

Winマシンは仕事で使う画像ソフトとクルマのパラメータ変更の時にちょこっと使う程度で、DVDを焼くなんてこともほとんどしたことがなかったのだが、今回は先達の知識をフルに横取り40万方式で、意味は判らないけど「その人がこうやってるから」レベルの動きでどうにか作業を行う事と相成った。


車検も通したし、やっぱりそうなれば地図位はアップデートしておくかって思ったのが今回の話。
地図のアップデートならディーラーに行って「宜しく頼む」って言えばなんてことはないのだが、それではちょっと面白みがないのでたまにはDIYってのをやってみるかと「尻は軽いが腰は重い」のをどうにか動かして行動に移す。


最初にする事はなにはともあれデータの入手だが、SNSでメイプルの国でデータが売られているという情報を入手、そこには逐一細かい方法まで書いてくれていた。
早速自分もそれに準じてデータの準備に取りかかったのだが、そこで痛恨のミス(なのか?)をしてしまう。

SNSには最初にFSCコードを購入すると書いてあり、それを入手すると自動的に(なのか?)マップデータが付いてくるような風に書かれていた。
が、自分は何をとち狂ったのかまず最初にマップデータを購入してしまい、そこで費用発生(支払いはPayPal経由が良いらしい)。
マップデータだけではどうしようも無く、FSCコードってのが無ければ何も出来ない。

でそのFSCコードってのも別途費用が掛かり、都合数十ドルの出費となってしまった。
でも本当にそうなのかとメイプルの国のサイト管理人にたどたどしい英語(「自分は両方の費用を支払わなければならないのか?」みたいな文章)を駆使して聞いてみるが、そうだよとつれない返事・・・。


仕方なくFSCコードを新規で購入することにしたら、程なくしてFSCコードと圧縮した地図データのアドレス付きのメールが届く。
もしかしたら自分はマップデータを購入していたからこの様な感じのメールが来たのかも知れないが、これから自分もDIYでやってみようと思うオーナーさんがいたら、先ずは「FSCコードの購入」から行って頂きたい
そこに地図データが載っていたら儲けものだ。

でもFSCコードを入手する上で車台番号を先方に知らせなければならないのだが、世の中の色々な情報を見聞きしていると果たしてFSCコードって本当に車1台1台で違うのか?と言う疑問が無い訳では無い。
まぁこの辺は頭の良い方なら本当のことを知っているのだろうが、何も判らない自分は対価を払うしかないのだ。


にしてもこの圧縮がくせ者で、「rar」。
パラメータを弄るときのデータもこの形式で圧縮されているから見覚えが無いわけでは無いが、これってWinの世界では基本なの?。

マックでもこの手の圧縮データを解凍することが出来るらしいが、その辺も考えるのは面倒なので先達が行っていることをそのまま真似をする事にして作業することにした。


以前使ったことのあるWin.rarとか言うソフトを使って解凍して、どうにかDVD3枚分のデータにする。
それをDVDに焼くのだが、データに添付されてたテキストを読むとここでも「最低速度で焼け」とか他にも色々な制約がある。
Winのことがほとんど判らないことを暗中模索状態で行う人間にとってこれらの作業は苦行以外の何ものでも無いので、そこはこちらのサイトをしっかりと参考にさせて貰った。
こちらのオーナー様、しっかり「失敗編」も書いて下さっているので初心者にはとてもありがたい。

この手の記事を見ると「地図データを入手してインストールしました」とだけ書いてあるようなものが多く、だからどうやってインストールしたんだよ!みたいな素人の疑問が全然解決されない寸止め焦らしプレイみたいなサイトが多いが、ここは心得から終了まで、また自らの失敗までも掲載してくれ、そしてそれの解決策が出ていてとても良心的なのだ。

ライティングソフトの銘柄やソフトの設定の仕方まで詳細に記載して下さっているお陰で、何も判らない自分でも安心してDVDを焼くことが出来た。

a0015198_16391721.jpg
なぜかのVer.2。


DVD安心して焼くことが出来たのは良いのだが、これが本当にちゃんと焼かれているかは実際にクルマのDVDスロットにDVDを入れてみるまでは判らない。
おそるおそるクルマに乗り込みDVDをセットする。
するとアクティベーションコードを入力せよって案内が出て、iDriveコントローラーをクリクリして入力。
間もなく地図のアップデートが始まるわけだが、先達の失敗編では0.5%位進んだところでiDriveが再起動を起こしてしまいその後どうしようも無くなったとある。
a0015198_16422208.jpg

問題の0.5%、ドキドキしながらバーが進むのを凝視する。

a0015198_16422223.jpg
2.4%まで進む。
何となく一安心(笑)。
前回はドライブしながらアップデートしたが、今回は拙宅前駐車場に車を止めてひたすらアイドリング。


a0015198_16422375.jpg
漸く10%まで進んだところで、iDriveがいきなり再起動!。
すわっ!やってもーたと思ってナビ画面を暫く凝視していたら、何事もなかったように読み込みが進む。
肝冷えるわ〜。


そうこうしているうちに画面の文字が変わる。

a0015198_16422181.jpg


インストール開始30分強でDVD2を入れろと案内される。
だがこの時点で読み込みは10%ちょっと。
おいおい、データ的にDVDの1と2はそれなりにあって、3がその半分位なのになぜに進捗状況10%位でDVD2を指定する?。
もの凄い疑問に思いながら、前回はどうだったっけかなぁと思い起こすがその時の記憶がほとんど無いので今更自分の過去記事を見返してみると、やはりその時も10%位でDVD2への変更を指示されていることが判明。
学習能力が無いというか、単に記憶力の欠如というか、そうそうやる作業じゃないから昔のことはすっかり忘れてしまってるんだなぁと改めて認識する。


a0015198_16415683.jpg
DVD2もボチボチ進んでくれている。
この辺では車内で音楽を聴いたり本を読んだりして時間を潰す。
外に出ても良いのだが、ドアを開けることも何となく憚れるような気がするのでひたすら車内にひき籠もったまま作業を見守る。

a0015198_16391876.jpg
漫画「はたらく細胞」4巻、画は若干グロイが内容は非常に面白い。
その筋の学生さんには是非読んで頂きたい。

かろうじて自宅のWi-Fiが届いてるのでAmazon Prime VideoでTOPGEARの後番組を見ながらボーッと過ごす。

a0015198_16420246.jpg
順調にDVD2の書き込みが終了し(それでも進捗状況は40%程度)、DVD3を入れろと指示を受ける。
a0015198_16422334.jpg
DVD3も最初の頃はバーの伸び方もゆっくり、過去の記憶では後半一気に進んだっけと思いながらiPhoneのWi-Fi接続がおかしくなりvideoが途切れる。
何が起きたのか?とiPhoneを弄ったのが運のつきで、いきなりケツもといSiriが喋り出す。
基本中の基本、Bluetoothの接続を切っていなかったために車両のスピーカーからSiriの声がぁ〜〜〜〜。

iDriveの画面が変わり万事休す・・・。
色々やるがテンパってしまい何をどうして良いか判らない。
今までの経過時間、およそ90分。
もしかしてDVD1からの再インストールなのか?と色々と頭の中で考えが駆け巡る。
自分の時給800円として1400円とガソリン代が無駄になる!、てゆーか貴重なフリータイムが無駄になる!

それでもiDriveコントローラーを横に倒したら再度始めるか?みたいな絵柄になったので、ポチッと押して暫くモニター画面を凝視。
もしかしたらその間暫くは瞬きはしていたかったかも知れない。

再び読み込みを開始してくれたときは、恐らく心臓外科医のドクターが心臓の再拍動を確認したとき位の安堵感だったのではないかと勝手に想像するが、今はそこまで危険なことでもなく普通に再拍動が起きるのだろうか。
ちなみに犬では良い感じで再拍動してくれると聞く。

進捗状況47%位だったろうか。
突如バーの進み方が速くなり、一気に展開されていく。
a0015198_16422176.jpg
53.8%半分経過!

a0015198_16422151.jpg
79.9%、8割経過!

a0015198_16422214.jpg
99.9%、ついに終わる!

無事終了か?
この後iDriveは勝手に再起動して何事もなかったように地図画面が表示された。


念のため、きちんとアップデートされたかを確認してみたが
a0015198_16422426.jpg
ジャジャーン!


Road Map Japan PREMIUM 2017と表示されて一安心。
時間にして約2時間。
その間アイドリングして使用したガソリンはどの位だろうか。
もっと効率的な方法は無かろうかと思うのだが、きっとあるんだろうけど自分には判らない。


それより途中気になったのがレーダーの表示
購入6年目にして初めてエアコンをオフにしてみたが、エンジン負荷率がかなり下がるのね。
色々な表示パターンがあるのだが、自分はこのレーダーを導入してから、と言うかこの車にしてからはずっとこの「水温が判るバージョン」を貫いている。
レースもしない一般的使用がほとんどのクルマでインパネ内にでーんと油温計なんて要らねーだろってのが個人的感想なのだ。
それより3年で壊れるようなクソラジエーターを積んでる車に水温計がないのはどゆこと?(怒)。

a0015198_16422305.jpg
ずっとアイドリングでも106℃(マックス107℃)まで水温が上昇した。
その後車を動かしたら、マイナス4度の状況でサーモが開いたからか一気に88度まで水温が下がったのには笑ってしまった。


なにはともあれ、無事Winマシンを駆使出来たことが今回の一番大きな収穫だったかも知れない(そこ?)。


今回の教訓
何のことか訳の判らない場合、余計なことは考えずに金で解決する方が無難(新しい車はナビのバージョンアップは数年間無料らしいが)。
それでも自分でどうにかしたい場合、世の中には先達の意見が色々出ているので必死に調べまくって頑張ること。
データ更新前にはBluetoothを切るとか、基本的なことはしっかり行うこと。


おいおい、何だよDVDに書いてあるVer.2ってのはと思われた貴兄。
実は当初はライティングソフトもPCに入ってるものを使ったのですが(一応最低速度ね)、やっぱ失敗するのが怖くてライティングソフトを別のものにして焼き直したのでVer.2なのです。

バージョンアップが無事に終わってくれてホッとしておりますが、そこそこのお値段のするクルマなんですからちょっと前の車両でもナビのアップデート位は無料でやってもバチが当たらないと思うんですけどねぇとこっそり呟いてみるわけです。

と言う訳で久しぶりの車ネタですが、これでナビ画面に千歳空港ICが出て来るかも?と思うとそこのICを利用しなくてもちょっとだけ嬉しいのです。
てことでWindows95クリック!(あの時FMVを買っていたら私の人生変わってたかも知れません)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

この文章にはフィクションがかなり盛り込まれてると思います。


# by Wonderfullifewith | 2017-01-16 19:22 | くるまのこと | Comments(8)
2017年 01月 13日
寒波襲来につき
全国的に寒いらしいが、北の大地の冷え込み具合は半端ない。
自分が住んでいる辺りはさほどでもないが、東に200km位、または北に200km位行くと朝の最低気温がマイナス30度近くまで下がっていると朝のニュースで言っている。

マイナス30℃って家庭用冷蔵庫の冷凍室よりも遥かに低い温度だからね。
屋外注射駐車のクルマだとリモコンエンジンスターターでエンジンが掛からないって事もあるらしい。
真偽の程は判らないが、朝はお湯を持って行ってバッテリーを温めてからエンジンを掛けるなんて話も聞いたことがある。

流石にそこまでは寒くはならないが、それでも朝の最低気温はマイナス10℃。
雪の上を歩くときに「ギシッギシッ」と音がする。
当然そこまで気温が下がると雪玉なんて作れない。

昼前でこの位の気温
a0015198_09253720.jpg
結局この日はマイナス7度位までしか気温が上がらなかった。
強烈に寒すぎて外にいるなんて事が出来ないので、そうそうに映画館にしけ込む算段をする。
財布の中には映画招待券が数枚あったので、予約も無しにシネコンに出掛け上映作品を見るが丁度端境かなのか観たい映画がない。

仕方が無いので中島みゆきのコンサートの映画を鑑賞することに。
特別料金2500円のため招待券は使用不可_| ̄|○。
そうか、招待券は通常の映画にしか使えないんだ。

映画はライブのリハーサル映像とライブの映像。
64才のおばさんが頑張って2時間歌い続けるんだから相当な体力だなぁと感心しつつ自分も頑張らねばと少しだけ思うが、残念な事は自分の知ってる曲がほとんど無かったって事。
それでもそれなりに満足出来たのはやはり音楽の素晴らしさの賜物であろう。
映像も良かったし、演奏も良かった。
いつかは生で見てみたいと思う歌手の一人だ。

64才のおばさんの唄なので、館内にいる客もほぼほぼアラ還の人ばかり。
自分なんてまだ若いグループって感じだった。

生涯現役を貫かなければならない自分にとって「ファイト!」って曲は人生の応援歌となるかも知れない(演奏されなかったけど)。



休日のランチは筋肉を付けるためにタンパク質を摂取しようって事で煮込みハンバーグをチョイス。
だがこれが個人的には好みの反対方向だったことがとても残念。

サラダは添付品的な考えで付いてきてくれてアリガトウ
a0015198_09253783.jpg
今は葉物野菜が高いからこれはこれでそれなりに原価が掛かっていて店側は大変だよ。
有り難く頂戴いたします。

問題はこちら。
煮込みハンバーグって事で、メニュー表の写真を参考にオーダーしてみたのだが、料理の写真撮ったヤツ出てこい!的なまさかのこんな一般的なレストランでススキノ風俗店並みの写真と現物の違うものを見せられるとは思わなかった(と言う話を誰かから聞いたことがあります)。
写真に偽りありも良い所だというのが第1印象。

これがそのような店なら「チェンジ!」的な発言もしちゃうかも知れないと思ったが(やったことないけど、というか行った事も無いけど)、レストランでチェンジも何もあったもんじゃ無かろうって事で、大人しく頂く事に。
a0015198_09253849.jpg
あれ?、煮込みハンバーグってこんな味でこんな食感だったっけ?。
煮込みハンバーグって一応ハンバーグだから最初は少し位焼かなかったっけ?
お肉表面に焦げ目などから出る一切の固さを感じず、全てが均一の柔らかさと言えば聞こえが良いが・・・。
焼かずにデミグラスソースの中に各種食材を混ぜ込んだ挽肉の塊を投入して火入れしちゃうんだったっけ?
食べ始めて頭の中に色々な疑問符が飛び出てきて、トマトはフレッシュ感を保つために最後にちょっとだけ火に掛けて煮込みなのにところどころに冷蔵庫の温度を感じさせるような風にするんだっけ?
てかジャガイモやブロッコリーの色味からして一緒に煮込むことはせずにお皿に盛り付けた際にトッピング的にソースの上に乗せちゃっただけ?みたいな感じ。
確かに煮込んじゃうとそれぞれの食材の色味が消えちゃってあまり美味しそうに見えなくなる嫌いもあるけど、せめて料理の温度は均一化して欲しかったなぁと1000円ちょっとのお料理に対して頭の中だけで色々と意見を述べちゃう。

ここには写ってないが、ご飯も「あれ?水加減少しだけ間違えた?」的な出来上がりにおっちゃんビックリ。
確かに二日酔でもたれた胃に優しい感じで消化には良さそうな感じだが、今現在は二日酔じゃねーし。


世の中的には学生はまだ冬休みらしく、街中や店内は結構な混雑具合。
外が強烈に寒いから誰も外に出たくないって感じなんだろうね。

週末はセンター試験が行われるようだが、受験の皆様におかれましては悔いの無いように頑張って頂ければと思います。
そして店名は出せないが煮込みハンバーグには気をつけろ!。


冷えてるねぇと思われた貴兄、マジ冷えてます。
ニュースでも「不要不急の車の運転は控えて下さい」なんて言ってますんで皆さんも充分気をつけましょう。
この時期の車の制御としては1枚目の写真の通りトラクションコントロールを1段切る位が良い感じでお尻も流れて乗りやすいです(あくまで個人の感想です)。
てなわけで、ドリフトクリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-01-13 17:00 | まぜまぜ | Comments(6)
2017年 01月 09日
スモールカー乗り比べ
そろそろ家族車も入れ替えようかって話がちらほら出て来て、いくつかの条件を満たしそうな車を探すがなかなかコレだ!と言うのが出てこない現実、それでも最近発表されたクルマをちらほらと見に行く休日午後。

一応の条件は5ナンバーサイズの背の高いスモールカー。
でもガレージの使い方の都合上全長は4m以下。
駆動方式は4WDがマスト(なんちゃっても可)。

この候補に入ってくるのは最近トヨタ、ダイハツ、スバル3社合同で出て来たルーミー,タンク軍団と、スズキ、三菱のソリオ、デリカD2軍団、トヨタポルテ、スペイド軍団位か。
日産はキューブの後継が今年の秋以降に出てくるかも知れないって噂があったりなかったりで、現時点では候補から外れてしまう。

でも個人的には永年お付き合いしている担当営業さんがいるので出来れば日産で行きたいなぁと思ってるのだが・・・。



そんな感じで取り敢えず拙宅から一番近くのトヨタにノコノコと出掛ける。
店内には最新型のC-HRがメインでどどーんと置かれているが、目的はそれではなくルーミー。
ルーミーは取扱いディーラーでそれぞれ色々な名前が付いているが、基本的スペックはどれも一緒で微妙にフロントの外装デザインとステアリングセンターの意匠が違うだけ。

試乗車があるとのことだったので用意して貰っていざ出発、その前にエンジン音チェック。
エンジンは1Lの3気筒。
グレードによってはターボもあるが4WDはノンターボのみ。
屋外から3気筒エンジン(恐らく直噴)のそれは、正直萎える(苦笑)。
誤解を恐れず言えば静かなディーゼルエンジンレベルだ。
そしてターボ以外に設定されてる14インチタイヤも何だか強烈にショボくて萎える。

車に乗り込みドラポジを合わせるが、室内を広く使うためなのかポジションが乗用車のそれとは違う軽トラック的な雰囲気に感じてしまう。
この点で言えばキューブはもう少し乗用車感覚でポジションを整えられる。
それでも何とか自分の体に合うようにステアリングのチルト機構などを駆使して座り込み、インパネから生えているセレクターレバーをDレンジに入れいざ発進。
エンジン音は容赦なく室内に入ってくるが、これはこのクラスの車では致し方ないのかも知れない。
遮音を高めるには遮音材を沢山使用すれば良いが、そうなれば自ずと重量が増してしまうしコストも掛かってしまう。
売値500万からのクルマならそれも可能かも知れないが、200万以下のクルマでそれを望むのはムリ。
ここは目を瞑る、いや耳を瞑るしか無いのかも知れない。

走行に関しては「まぁこんなもんなんだろうなぁ」ってレベル。
女性ユーザーもターゲットになっているからなのか、ステアリングアシストを含め操作系が全て軽い。
思わず「軽っ!」と言ってしまった。

実際この車に走りに関する何かを求めてはいけないと思う。
峠の登りがどうのとかステアリングの初期応答とか言われても困るってものだ。
でもクルコンが付いていたり、最大9インチのナビが取り付け可能だったり、それに絡めてBluetoothが付いていたり、パノラミックビューが付いていたり、各種衝突回避システムが付いていたり、両サイド電動スライドドアになったりと一世代前の高級車にしか無かったものがほぼ全て付いている辺りがこの車を選択するユーザーの心をくすぐるのかも知れない。

でもねぇ、この車の性格としてはたしてクルコンって必要なの?と言う気がしないでも無い。
お買い物とか子供の習い事の送り迎えに最適なクルマって感じがするんだけど・・・、なんていうとこの車をファーストカーに使うユーザーさんが聞くと怒るかも知れないが、そのような人はたぶんここなんて覗いてないだろうから良いか(笑)。

フルオプションでも250万くらい、でもやっぱり3気筒エンジンの音がどうにもねぇってのが正直な感想だったりする。
身分を明かさず車に乗り込んだのだが、試乗中に拙宅前を通ってしまいそこで身分がバレる。
「お仕事お忙しいと思いますので、今度ポストに見積書入れておきます」と言われる。
見積書も何も、マックス250と考えればそれでお終いって感じでしょ?。
試乗のお礼を言って店を後にする。


次はスズキのディーラー。
対象車種は勿論ソリオ(バンディット)。
ソリオは最近になりハイブリッドが出て来たが、4WDはマイルドハイブリッドのみ。
何がマイルドなのか説明を聞いたが良く判らない(笑)。
詳しくはカタログを見て貰えば良いと思う。
きっと何某かのモーターアシストがあるのだろう。

スズキのディーラーはトヨタのディーラーよりも店舗規模が小さく、小さな修理工場に毛が生えたレベルと言うとこれまたスズキユーザーに怒られるかも知れないが、少なくともこちらのスズキディーラーはトヨタのそれとは規模が全く違うのは紛れもない事実だ。

客層はごく普通のファミリー層という感じ。
訳の判らないヤンキーもいなければ、会社の重役レベルもいない。

試乗車の確認をしたらやはりあるって事だったので早速試乗をお願いする。
ドアを開けてシートに座ると、ルーミーとは全く違うシートの座り心地。
Z12のキューブのようなソファー的な座り心地にビックリ。
シートの固さは好みの問題かも知れないが、トヨタのそれとは全く違うのでちょっと驚いてしまう。
ドラポジに関してはルーミーとほぼほぼ同じな軽トラック風だが、一番の違和感は「センターメーター」であること。
カタログで予め判っていたが、こればかりは慣れが必要だと痛感した。

ナビは最大8インチまでだが、ナビ周りの造形はルーミーの方が好み。
空調パネルの操作性に関しても個人的にはルーミーの方が好感触。
調整ダイヤルの大きさレベルだが、スズキのそれは小さくてちょっとだけ使い難い。
まぁ一度設定すればそうそう弄る場所じゃないから良いのかも知れないけどね。

エンジンは4気筒なので屋外で聞いても違和感のない慣れた音でちょっと安心。
それにNA1.2Lエンジンは200ccのアドバンテージ。
「隣の車が小さく見えま〜す」という昔のカローラサニー対決のような様相だろうか(そんな昔の話は誰も知らないか)。

走らせて直ぐに3気筒と4気筒の差を感じる。
だがやはりセンターメーターに慣れてないせいか、逆に視線の移動が大きくなってしまった。
前方視界から視線を下に降ろしてもそこには何も無く、それで目をキョロキョロとしてメーターを探す。
これは逆に慣れるまで危ないかも知れないと思った位だ。

操作系はトヨタのそれとほぼ同じ位の軽さでやはりこの辺も対象ユーザーを意識した作りだろう。
安全装備はほぼ互角。
ただしタイヤはルーミーの14インチに対して15インチ。
この位の方が見た目のバランスは良いと思う。

乗り心地はこの時期の北の大地の路面は強烈に悪路で、それでも剛性感は微妙にルーミーに軍配が上がるかなぁと言うレベルだが、試乗コースが違うのでなんとも言えないってのが正当な判断かも知れない。

試乗を終えて見積もりの話になったところで、後付けするとしてもナビとエンジンスターター、ETC位でやはり250以下。
完全にがっぷり四つのレベル。


家族車の車検はまだまだタップリあるし、壊れて動かないわけでもないから今すぐ乗り換えなくても良いので、取り敢えずキューブの後継車が出てからでも良かろうという判断に達した。
でもソリオがセンターメーターじゃなければ判らなかったというのが正直な感想。
個人的にはウィンカーレバーが右か左か以上の違和感だったからね。


おいおい肝心の車の写真は無いのかよと思われた貴兄、写真は一切撮ってません(笑)。
写真は各メーカーの写真を参考にして頂ければと思います。
にしても今のスモールカーの装備ももの凄い事になっていると再確認した次第であります。
パワーシートやメモリー機能が付いてない位で他はほぼほぼF10と同レベル、いやそれ以上であります。
グレードによってはLEDヘッドランプまで付いてるんですからねぇ。
走行性能、色々な意味での安全性能(ここがクルマにとって一番大事ですが)を別にしたら800万のクルマと200万のクルマの装備が一緒って事になっちゃうんですから、ウカウカしてると外車は「単に高いだけの道楽品」なんて言われる可能性も無きにしも非ずであります。
まぁそうは言っても外車に乗ってる自分ではありますが(笑)。

なんだかんだ言いつつもやっぱり「やっちゃえ日産」を心待ちにしておりますので関係各位におかれましてはどうか一つm(__)m
てことでBMWの話は一切無いですがヤザワクリック!ってことでポチッとしてみて下さい。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-01-09 22:03 | くるまのこと | Comments(12)
2017年 01月 06日
甘いものは好きですか?
先日の実家詣ででの会話
「ところで平田満(仮名)さんの好物って何?」と義母に訊かれる。
「好物?」としばし考える平田満(仮名)と配偶者。

そう、自分の好物は誰も知らないのである。
「なんだろう?甘いもの?。アイスとかは自分で買ってくるよね」と配偶者。
適当に頷いてみたが、自分の好物って何だろう?ってのが正月最初の疑問ってのは果たして50年以上生きてきた人間として良いのだろうか。



3日まで完全休日を遂行してしまい4日には激混みになるかと思いきや、いつもの如く何事もなく営業を終えてしまって平成29年ははたしてどうなるんだ?と言う一抹の不安も隠しきれない状況になりながらも、木曜日は定期休業日だからと何の反省材料もなく休んでしまって床屋に行ったりするていたらく。

床屋に行って一通り仕上げて貰い最後に鏡で後頭部を見せられたときに現実を知る悲しみ、娘に言われるまでもなく次回からは潔くバリカンで刈って貰おうと心に誓う。
最後の砦である外用並びに内服5%ミノキシジルに裏切られた切なさを何所にぶつければ良いのかと嘆いてみても、やっぱり何処か心の拠り所にしてしまう小心者。
水谷豊を訴えても良いですか?


ヨーロッパに行けばハゲはモテるんだ!と言い聞かせてみてもやっぱりここはニッポン。
いっそのことヨーロッパで通用する免許をどうにか取得して、あちらの国で開業し直そうかと思ってみるも、そもそも英語が3歳児レベル以下では如何ともし難い。

ネットで拾った笑い話に
「ハゲだって判ってるんだから今更カツラ被らなくても良いんじゃね?」といったニョシに対して
「ブスだって判ってるんだから今更化粧しなくても良いんじゃね?」といった男子。
そんな事を思い出してしまうが、さすがにカツラを被るまでの気分にはなれない、と言うかやっぱ100万は出せないわ(禿爆)。
でも伸長が後10cm伸びることが出来るのなら、頑張って100万出すかなぁ。
皆さんならどっちに100万出します?(と端からハゲ対象)。
身長高くなればはげも目立ちにくいかなぁなんて思ったりするのだ。


気持ちを新たにして折角の休みだし、ガレージ前もそれなりに排雪が終わったので車を引きずり出して出掛けてみる。
a0015198_21200066.jpg
写真だと汚い車がそうは見えないのが有り難いねぇ

知人のご令嬢がお誕生日なので、お祝いのお菓子をご購入。
毎度毎度の如く訳の判らない客で店員さんには申し訳ないと思うが、あと3回も通えばきっと覚えてくれるんじゃないかと密かに願っているけど行く度に店員さんが違うから馴染みの客になるにはもう少し掛かるかなと白い御常連様カード(ヨシヲ爆)が全然有効じゃないお店に入る。

前回と同じでは芸がないオッサンと思われはしないかと、でも生ものだったらバッティングしてもなぁと思いつつショーケースの前であーでもない、こーでもないと悩みつつ自分だったらこれが食べたいと思うものを家族分だけ包んで貰うが、前々回もそんな感じで家族分包んで貰ったらなぜかパパママの分がそれぞれの口に入らず主賓の口に見事に収まってしまったって話を思い出しながらも、今回はきっとそんなことは無いだろうと願いを込めてチョイスしてみたが、如何でしたでしょうか?、パパの酒のアテにはなったでしょうか?。

でも良いんです、これでパパが外出しやすくなるのなら、一肌でも二肌でもパンツでも何でも脱ぐ覚悟なのです。

a0015198_21200196.jpg
壁との隙間はミラー1個分ちょっと

狭いガレージに、と言うとガレージをお借りしている大家さんに申し訳ないが、とにかくギリギリサイズのクルマを駐めるとなればある程度色々な工夫をしなければならない。
その一つが運転席と反対側の壁にギリギリに寄せて運転席側のドアの開閉を楽にするってのがあるだが、その方法が以前も紹介したことがあるが壁奥に取り付けたセンサーライト、じゃなくてセンサーライトと連動した単なる作業灯なのだが、これを目印にクルマをゆっくりバックで格納すると壁ギリギリに攻め込むことが出来る。
サイドミラーにこのライトが見えてるって事すなわちクルマと壁との間に隙間が発生している事実だったりする。
ライトが点灯していれば外の明るさで鳥目(縮瞳)になった状態で暗いガレージ内が見えない弊害も解消出来る。

つい先日家族車が自宅のガレージの壁に見事にヒットさせてしまったが、なぜこれを自宅のガレージにも設置しないのかと悔やまれることは一切無くて、家族車はぶつかっても別にイイやというある種投げやりの気持ちもあったりするけど、この先やっぱり車を買い換えることもあるかと思うので、センサーライトとこの作業灯は新規に購入して取り付けようかなとちょっとだけ思ったりする。
そんな事を思う年始なので、近日作業に取りかかって次期家族車の入れ替えに備えたいと思う。


おいおい、家族車の買い換えを考えてるのか?と思われた貴兄、なかなか我が家の条件に合うクルマがないのであります。
全長4m以下、ハイトワゴン、駆動方式は4WD。
まぁオキニの車が見つかるまで気長に待つことにします。

てなわけでハッピーバースデークリック!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

# by Wonderfullifewith | 2017-01-06 17:25 | まぜまぜ | Comments(6)